教科指導

国語

積極的に伝え合う姿勢を育み、考えて表現するための土台を作る

鵜城 仁 教諭

「さまざまな文章を読み、的確に理解し、味わう力」、「情報をもとに自ら考え、判断する力」、「自らの考えを適切に伝え、表現する力」を身につけ、社会に貢献できる女性に育ってほしいと考えています。音読や発表など声に出して表現することを大切にし、積極的に伝え合う姿勢を育み、漢字や語句の学習、読書の時間で、考えて表現するための土台を作っていきます。

数学

課題解決や喜び、達成感を大切に、知的好奇心を高める

岡 英幸 教諭

中学校の数学では、小学校の学習の上に立って、「数と式」、「図形」、「関数」、「資料の活用」の4分野について、知識や技能を習得します。その上で、根拠を明らかにして筋道を立てて考えたり、式や図やグラフを用いて問題を解決したり、自分の考えを表現して伝え合う力を身につけていきます。また、どんな課題にも積極的にチャレンジする姿勢を育てていきます。

英語

聞く・話す・読む・書くをバランスよくきたえあげる

長柄 歩 教諭

コミュニケーションの手段として世界中で広く使われる英語は、今日の国際化社会にあって、その必要性は日増しに高まっています。グローバルな活躍を目指す企業の中には生き抜く武器として、英語を公用語としたところもあります。本校では、このような時代を生徒一人ひとりが力強く歩んでいくために、国際社会で活躍できる語学力・表現力を身につけられるよう、「鎌倉FITSプログラム」をスタートさせました。授業ではペアワークやアクティビティを通して、表現力の育成を図ります。

理科

より的確に理解するための実験・観察を大切に

中澤 彩子 教諭

理科は「実学」です。実際に起こる現象や実物そのものについて学びます。授業では、学習内容をより的確に、またリアルに理解できるように、実験や観察を多く取り入れています。また、授業以外でも、身の回りの物質や現象に興味をもって生活する姿勢を大切にしています。もし、「なぜ?」と感じる事があれば一つひとつ調べ、「科学的な思考力」を養っていきます。

社会/地歴・公民

知識と知識の結びつきから「考える力」を養う

大山 明生 教諭

社会は「考える力」を身につける教科です。社会の授業で学んだ知識は私たちが生活する社会を理解するためのものです。知識と知識が結びつくと、身近な社会から日本、そして世界へとより大きな社会の理解につながります。そして、知識の積み重ねが「考える力」となります。変化の絶えない今日の社会の中で、自らが貢献できることを考えてほしいと望んでいます。

保健体育

神奈川で唯一「なぎなた」の授業を実施

加用 佑奈 教諭

体育実技では、人工芝のグラウンドや室内プールをはじめとする充実した施設を活用し、運動の楽しさや、協力の大切さを学んでいます。武道の単元では神奈川県で唯一「なぎなた」を扱い、相手を尊重する武道の精神に触れています。保健分野では生涯にわたって健康を保つ方法や、自分にもできる社会貢献の在り方について考え、自ら実践する力を育てています。

音楽

音楽を楽しむ心を大切に感性や想像力を育てる

佐藤 由美 教諭

歌唱・楽器演奏を通して、音楽を楽しむ心を大切にしながら、一人ひとりの感性や想像力を育てていきます。また、さまざまな国や時代の音楽を学ぶことによって、伝統的な芸術表現を学びます。毎年恒例の合唱コンクールでは、クラス全員が心をひとつにして作りあげたハーモニーに共に感動し、歌う喜びを共有することができます。

音楽

制作を通して自己を見つめる機会につなげていく

向井 義智 教諭

美術は、美しいものを技(術)を使って創りあげていく教科です。授業では造形技術の習得だけでなく、「美しい」とは何かを一緒に考え制作します。そのために自己の考えをまとめるコンセプト文の作成や世界美術史の講義もあります。1つの作品に2~3か月の時間をかけ、じっくりと取り組むので、制作を通して自己を見つめていく機会につながっています。

技術家庭

実生活の中で通用する知識や技術を育成する

信太 朋恵 教諭

大人になって振り返ると生活に必要なことは家庭科で学んだことが多いことに気づくはずです。授業では1年生からコンピュータの学習が始まります。必要なモラルやスキルを身につけることが、情報化社会を生き抜くためには必要不可欠です。家庭分野でも調理実習や併設する幼稚部でのふれあい体験などの実習を多く取り入れ、実生活の中で通用する知識の習得や技術の育成に取り組んでいます。

[an error occurred while processing this directive]